公開日: 更新日:

【VT】これ1つで世界に投資できるETF。でも僕は買いません

【VT】これ1つで世界に投資できるETF。でも僕は買いません

今回はVT ヴァンガード・トータルワールドストックETFの特徴をまとめてみました。

VTはバンガード社の米国高配当株ETFです。FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとしてるETFになります。

このグローバル・オールキャップ・インデックスは、先進国・新興国含め世界47カ国の株式市場への投資を目的とした株価指数となっており、VTの構成銘柄数はなんと約8000銘柄と多く、全世界の市場時価総額の98%以上をカバーしていることになります。

よってこのETF1つで、様々な国,銘柄に分散投資をすることができます。まあ”分散投資”というよりかは、“世界全体へ投資している”という感覚のほうが近い気がします。

投資信託の中にも世界経済インデックスファンドみたいなものが存在しますが、これらは株式の他に債権も構成に含んでいます。一方VTの構成は全て株式となっており、債権は含まれておりません。これが大きな違いだと思います。

なお僕は債権は投資対象に入れていないので世界経済インデックスファンドはアウトオブ眼中です。
 

全世界と言えどやはりメインはアメリカ

国別構成比率で上位10カ国を見てみます。

1位はアメリカです。全世界のはずなのに半分以上がアメリカです。ヒイキするなよ~!とか思ってはいけません。
ヒイキではなくただ単純に、全世界市場総額の半分以上はアメリカが占めているということです。さすがアメリカ様…

ちなみに我らが日本が2位に入っています。僕は地味に驚きました。

でも2位なのに8%って…。まざまざとアメリカとの違いを見せつけられますね。
 
 

上位は当然アメリカ企業ばかり

銘柄別構成比率で上位10銘柄を見てみます。

銘柄名 構成比
アップル 1.1%
マイクロソフト 1.1%
グーグル 1.1%
エクソンモービル 0.7%
ジョンソン& ジョンソン 0.7%
アマゾン 0.7%
フェイスブック 0.7%
JPモルガン・チェース 0.7%
バークシャー・ハサウェイ 0.7%
ウェルズ・ファーゴ 0.6%

総資産総額に占める上位10銘柄の割合は8.6%です。

薄々そんな気はしていましたが、見事に全てアメリカ株です。1つぐらい日本の企業入ってないかな~と思ったのですが、全然ダメでした。

そしてこの上位銘柄を見てあることに気づきました。そう、S&P500インデックスと連動したETF、VOOとほぼほぼ同じ銘柄なのです。

ただ大きく違うところは総資産総額に占める上位10銘柄の割合です。VOOが19.7%に対して、VTは8.6%です。

このことを見ても、VTがより多くの銘柄で構成されていることがわかると思います。
 

経費率(信託報酬)はお安い0.11%

全世界に投資できて0.11%とは…。さすが海外ETF!べらぼうに安いです。100万円預けてても経費は年間1,100円です。

参考までに「三井住友TAM – 世界経済インデックスファンド」の経費率は0.54%です。VTの5倍です。

右肩上がりのチャート

長期で見ると順調な右肩上がりです。

日本は今後人口が減っていき経済が低迷していくことが予想できますが、世界規模では人口は増えており、世界経済は長期で考えるとどんどん成長していくことが予想できます。
 

ところがVOOには遠く及ばない

VTとVOOを比較してみました。

VOOのほうが成績が良いのはチャートを見ると歴然です。
つまり全世界の株価は、アメリカの株価には全然敵わないのです。

VOOではなくVTに投資するということは、リターンの低い国にも敢えて投資をするということになるのです。

ココくん
でもでも!VTは世界全体だから、アメリカの調子が悪いときは、アメリカ株だけのVOOとかよりVTのほうがいいんじゃないの?

 

ところが落ちるときはVTも落ちる

最近の暴落と言えば、やはり2009年頃のリーマンショックです。

その当時まだVOOは存在していなかったので、指標としているS&P500とVTを比較してみました。

リーマンショック時は両方共株価が半分程に落ちています。両方同じぐらいです。

そう、両方同じぐらい落ちているのです。そして調子が良いときは圧倒的にS&P500のほうが成績が良いです。

だったらS&P500でよくないですか?

世界は所詮アメリカを中心に回っているのです。アメリカの調子が悪ければ全世界が調子を崩すのはある意味当然ですね。
 

でもみんなVTが大好きらしい

僕が普段使用しているSBI証券で海外ETFのランクングを見てみると、保有残高,保有人数の項目でVTが1位となっています。

成績はイマイチですが、世界に投資できる!という謳い文句は絶大なようです。
 

世界よりアメリカに投資すべき

VTは世界で一番の先進国アメリカだけでなく、新興国企業も20%くらい含まれています。
つまりアメリカ以外に敢えて成績の悪い国にも投資していることになるのです。

世界に投資できる!という謳い文句は魅力的でカッコいい響きですが、何も考えずに世界に分散投資をするというのは違うのかな~と思いました。

VTとVOOを比較すれば差は歴然。アメリカに投資するのが一番効率が良いのです!

なので僕はVTは買いません。
 

ともぞー心の俳句

『米国の 足を引っ張る 世界かな』

株式投資カテゴリの最新記事