公開日: 更新日:

【社畜・ウォーズ】エピソード1/ファントム・ヘルス

【社畜・ウォーズ】エピソード1/ファントム・ヘルス

プロフィールにも書いてありますが、僕は就活が非常にうまくいったため、第一志望の超大手企業から内定を貰えることができました。

その企業は、30歳手前で年収が1,000万円を超える給与水準で、僕が高校の頃から目標にしていた

「30歳で年収1,000万円になる」

を、確実に実現できる企業でした。

しかし、僕は4年程前にこの大手企業を退職しました。

その大手企業は、

  • 給料が凄くよい(年収ランキングでTOP10に入る)
  • 福利厚生もしっかりしていて安定している
  • ネームバリューがあり多くの人が知っている

というように、世間一般的には良い企業の条件を満たしていると思います。

ではなぜ辞めたのか?

その理由を大雑把に分けると、僕の場合「労務面」「仕事内容面」の2つの面が理由として挙げられます。

2つを一緒の記事にするとかなり長くなってしまうので、今回は会社を辞めた理由の「労務面」についてスコープをあてて、新卒で入社してからの流れに沿いながら記事を書いていこうと思います。
 

【入社~半年】全体研修なので平和的な労務環境

新卒で入社してから半年間は、ずーっと全体研修でした。

この時期はわりとしっかり勤怠を管理されており、基本的には18:30退社でした。

研修の課題が残っている場合でも、絶対に20:00には退社しなければならないルールでしたので、労務的にはなにも問題ありませんでした。

また精神的にも特に負荷はありませんでした。
 

【研修後半】社畜として重要な要素を備えていることがバレる

皆さん、社畜(ソルジャー)にとって重要な要素ってなんだと思います?

いくつかあると思うんですが、この要素はその中でも結構重要です。それは

肉体面、精神面が丈夫であることです。

研修の後半の時期、世間的にインフルエンザが猛威を奮っておりました。
研修会場も例外でなく、かなりのメンバーがインフルエンザにかかり会社を休んでいました。

研修では6人1班となり、1部屋に6班ぐらいいる感じなのですが、ある日の出席状況は以下のような感じになっておりました。

僕の周りは全滅という…。

そうです。実は僕は滅多に風邪をひかないのです。小1以降風邪をひいた覚えがありません。

中学校皆勤賞、高校皆勤賞という超健康優良児なのでした!(大学はサボりまくっていたので皆勤賞とかありません)

そして健康優良児であることがバレてしまい、僕はこの後非常に激務で有名な部署に配属されてしまうことになります。

エピソード2に続きます

【社畜・ウォーズ】エピソード2/社会の攻撃(洗礼)

人生カテゴリの最新記事