公開日:

ともぞーの投資方針【2017年10月~】

ともぞーの投資方針【2017年10月~】

以下が、投資方針について前回書いた記事です。

ともぞーの投資方針【2017年9月~】

記事に書いてある通り、僕は今では米国株のほうが圧倒的に魅力的だという考えであり、日本の個別株への投資をやめて、海外ETFに投資しています。

その点は変わっていません。特に今まで持っていた日本国内株については、どんどん利益確定をして現金化してしまっています。この現金も、頃合いをみて海外ETFにぶっこむ予定です。

海外ETFに投資する!という大方針は変わらないのですが、色々調べていくうちに、投資をしたい銘柄に若干変化がありました。

そのため、自分の備忘録も兼ねて今回新しく定めた投資方針について書いていきたいと思います。
 

前提条件

ともぞーの状況

30代前半、サラリーマン、年収700万円。嫁と2人で暮らしています。嫁はフルタイムで働いており、今のところ子供は作る予定ありません。
 

ともぞーのマインド

  • なるべく保守的に運用をしたい。
  • 短期取引はやらない。バイ&ホールドが基本の長期保有。
  • レバレッジや信用取引はしない。身の丈にあった投資をする。

嫁も働いており子供もいないので、資産のうちかなりの割合を投資に当てることができます。が、なるべくリスクを取りたくないのと短期取引をしたくないので、値上がり益目的のキャピタルゲインを主とした取引ではなく、配当金目的のインカムゲインを主とした運用をしたいと考えています。
 

投資方針

米国ETFを中心にドルコスト平均法で長期投資をします。発生した配当金は全て再投資に充てます。

また上記長期投資とは別に日本のIPOに積極的に応募をします。当選した場合は長期保有はせず、必ず機械的に初値で売ることとします。

これは投資というよりかは、宝くじに近い感覚ですね。
 

投資金額について

毎月約20万円を投資に当てます。また夏冬のボーナスそれぞれ約40万円を投資に当てます。
つまり年間約320万円を投資に回す計算となります。
 

投資銘柄について(※ここが前回と大きく変わりました)

毎月約20万円を投資に当てますが、その内訳は以下の通りです。

BAK-BをNISA口座で10万円。残りの10万円分で、VOO、VYM、VDCを特定口座でなるべく均等になるように購入します。

ただし特定口座で購入するVOO,VYM,VDCは、手数料節約のために、1ヶ月に1銘柄ずつ購入することとします。(例:1月はVOOだけを10万円分購入。2月はVYMだけを10万円分購入。)

NISA枠を全てBRK-Bにつぎ込むのは、配当金にかかる税金の無駄を省こうと思ったからです。

外国株をNISA枠で購入する場合の、配当金にかかる税金ですが「外国税額控除制度」を使用することができないのです。詳細は以下の記事に書いております。

【BRK.B】NISA枠を全力でぶっこみます。投資神ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイの最高傑作

[baloon-line-left img=”/wp-content/uploads/2017/08/icon_coco.png” caption=”ココくん”]あれ、2017年のNISA枠ってもう使い切ってなかったっけ?[/baloon-line-left]

[baloon-line-right img=”/wp-content/uploads/2017/08/icon_tomozo.png” caption=”ともぞー”]前回と同じご指摘ありがとうw!BRK-Bは2018年から購入することにするね![/baloon-line-right]

まとめ

以上が2017年10月時点での僕の投資方針となります。

まだまだ投資を始めたばかりなので、方針がコロッと変わることもあると思うのですが、しばらくはこの方針でやっていきたいと思います。

方針が変わるとしても

  • 米国ETFを中心とする
  • インカムゲイン目的の長期投資
  • IPOは初値売り

僕の投資方針のベースとなるこの3点だけは、今後も変えずにいきたいと思っています。

 

資産状況カテゴリの最新記事