公開日: 更新日:

【BRK.B】NISA枠を全力でぶっこみます。投資神ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイの最高傑作

【BRK.B】NISA枠を全力でぶっこみます。投資神ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイの最高傑作

バークシャー・ハサウェイは、僕が敬愛する投資神ウォーレン・バフェットが経営する投資会社です。

バークシャー・ハサウェイの株はクラスA株(BRK.A)とクラスB株(BRK.B)の2種類の株があります。A株は1株20万ドル(2千万円)以上するため、少額から買えるようにB株が設定されています。A株もB株も1株あたりの金額が違うだけで基本的に値動きは一緒です。一般庶民である僕は、BRK.Aなんて買えるわけありません。よって購入するのはBRK.Bになります。

バークシャー・ハサウェイの傘下には、数多くの企業が名を連ねており、どれも他社がマネできない参入障壁が高い消費独占型のビジネスモデルを持つ企業ばかりが揃っています。

銘柄分散という意味においては、傘下の子会社が63社以上にものぼり、それ以外に上場企業の株式も保有してますので、一般的なインデックス指数と同等以上の効果があると言えます。

したがってバークシャー・ハサウェイに投資することは、ウォーレン・バフェットがファンドマネージャーを勤める投資信託を保有することと同じ意味を持ちます。しかも、信託報酬のという名の手数料はかかりません。円からドルへの為替手数料&米国株の売買手数料を1度限り払うだけです。
  

バークシャー・ハサウェイのパフォーマンスはS&P500を上回る

バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイは、米国の市場平均株価(S&P500)を長期的に上回ってきた実績があります。以下のグラフは、S&P500指数とバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)を比較したものになります。(過去2年間のチャートです)


 インデックスの代表と言っても過言ではないS&P500に対し、倍近くのリターンを叩き出しています。さすが投資神バフェットです。
 

バークシャー・ハサウェイは配当金無し(いい意味で)

バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイは配当金を一切出さない銘柄です。配当金無しと言うとマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、バフェットは明確な意志を持って配当金無しにしています。それは無駄な税金を省くためです。

配当金を拠出すると、投資家の懐に入る前に税金がかかってしまいます。つまり配当金を再投資する場合、20%の税金が引かれた配当で株を買うことになりますが、バフェットはこの配当にかかる税金がもったいないと考えています。

そのため、配当を出さない代わりに他の方法で配当再投資と同じかそれ以上のリターンを株主に還元しています。

まあバークシャー・ハサウェイが勝手に自動再投資をしてくれていると思っていればよいかと思います。
  

バークシャー・ハサウェイへの投資タイミング

バークシャー・ハサウェイの株価には、割安だと判断できる明確な基準が存在します。

その基準はPBR(株価純資産倍率)が1.2倍以下のときです。

なぜならバフェットが、PBR1.2倍以下のときにバークシャー・ハサウェイの自社株買いを実行すると明言しているからです。

ココくん
じゃあPBRが1.2倍になるのをずっと待っていればいいんだね!

ともぞー
ちょっと違うかな。バークシャー・ハサウェイのようにずっと右肩上がりに成長し続けている企業に投資する場合、株を保有する期間が長ければ長いほど株価が上がる可能性が高まるよね。だから、いつまでも買わないというのは逆に機会損失になっちゃうんだ。

ココくん
ふむふむ!じゃあどうすればいいかな?

ともぞー
例えば僕は、一定金額で毎月バークシャー・ハサウェイを購入する。ただし全てツッコむことはしないである程度現金も蓄えておく。そして将来PBRが1.2付近に下がった際に、蓄えていた現金で追加購入する感じかな。

ココくん
なるほど!基本はやっぱりドルコスト平均法で買っていくんだね!

ちなみに以下はバークシャー・ハサウェイのPBRの推移をまとめたものです。

 

バークシャー・ハサウェイのPBRは1.2~2.0倍あたりをウロウロしていることが多いです。今のPBRは1.4倍と、まあ特別安くもないけど特別高くもないといった感じです。
 

バークシャー・ハサウェイの懸念点

『バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイ』と何度も繰り返している通り、バークシャー・ハサウェイはバフェットが率いています。そんなバフェットの生年月日は生年月日は1930年8月30日であり、2017年の今現在87歳とかなりのご高齢なります。縁起でもないですが、もしもバフェットが死去してしまったら…。と不安になるのは当然の流れです。

確かに高齢であることは間違いありません。しかしバークシャー・ハサウェイにはバフェットの意思を受け継ぐ優秀な後継者達がいます。おそらく自身が高齢であることを意識して、バフェットがいなくてもバークシャー・ハサウェイがこれまで通り成長していけるよう、かなり前から入念に準備していると思われます。

更に、既にバフェットがいなくてもこれまでと同じように成長できるな仕組みが、バークシャー・ハサウェイにはもう構築されているのではないかと思います。なので、今後10年経っても20年経っても、素晴らしいリターンが期待できると思います。

がしかし!!良くも悪くもバフェットはあまりにも有名です。上記のように綺麗事を言うのは簡単ですが、やはりバフェットが死去してまったら、かなり株価が下がってしまうことが予想されます。
 

バフェット好きのブロガーの謎

僕のようにバフェット好きのブロガーは沢山います。しかし、なぜか素直にバークシャー・ハサウェイの株を買っている人は少ないように思えます。みんなバフェットの投資先の個別株を買っているようです。あれなんでなんでしょうね?

素直にバークシャー・ハサウェイの株を買うのでは駄目なんでしょうか?
 

僕は2018年のNISA枠をBRK.Bに全額使う予定です

僕は来年のNISA枠の全てをバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)株に使おうかと考えています。

一般的にNISA枠のメリットは以下の2つです。

・売却益が非課税
・配当金が非課税

バークシャー・ハサウェイは配当金を出さないので「配当金が非課税」というメリットを享受できないと思ってしまいますが、実はそうではありません。

米国株の配当金は、通常「米国所得税」「日本の源泉徴収」と2重の税金がかかってしまいます。ですが「外国税額控除制度」を使用することで、米国所得税のほとんどを取り戻すことができます。(場合にもよりますが)

ところが!NISA枠の場合、国内分は非課税ですが、「外国税額控除制度」を使用することができません。

元々使えるはずものが使えなくなってしまうので、それであれば配当金を出さない米国株のほうが、よりメリット享受できることになります。

そのためNISAのメリットを最大限に生かすために、僕はバークシャー・ハサウェイをNISA枠で購入するつもりです。

 

株式投資カテゴリの最新記事