公開日: 更新日:

【UTグループ】(2146)の今後の株価がどうなるか分析・予想してみた

【UTグループ】(2146)の今後の株価がどうなるか分析・予想してみた

先日記事に書いた以下の記事のためにある意味ネタとして買った銘柄です。

日本株ベストバイ1位を買って儲かるか検証してみる

そのため何の会社かも知らないまま買ってしまった銘柄です。投資家失格w

ベストバイで紹介される銘柄は、基本的に株価の値上がり益を期待しているものだと思うので、
僕のポリシーである長期投資前提のインカムゲインに向いている銘柄ではない気がしています。

ですがネタのためとは言えせっかく縁があり買った銘柄なので、きっちり分析したいと思います。
なにしろベストバイ1位ですからね!きっと素晴らしい分析結果になるでしょう!

 

UTグループ どんな会社なのか

UTグループ株式会社は、東京都品川区に本社を置くものづくり分野での人材サービス事業などを統括する持株会社である。2007年4月2日、日本エイムとエイペックスの株式移転により誕生した。 派遣先の企業だけでなく、派遣ではたらく人も顧客であると定義し、派遣社員向けの様々な施策を打ち出している。(wikipediaより引用)

つまり派遣会社ですね。製造業派遣・請負大手です。半導体業界中心ですが、環境や自動車などかなり業種は多様です。売上の比率は、半導体向けの比率が約5割、残りを環境や自動車業界、電機業界などになります。

中期経営計画では、『2020年度 売上高1,450億円営業利益82億円を目標としており、目標達成のためにM&Aも視野に入れてまだまだどんどん業績を積み上げていこう!という気概が見えるもっぱら成長中の企業ですね。

僕は普段、安定した配当株ばかりを買うのでこのような成長中の企業を買うのは非常に珍しいです。

 

UTグループ 株価とPER

現時点(2017年8月)での株価は2,000円前後です。取引単位は100株のため、約200,000円で購入が可能です。

僕はPER20倍以下を1つの基準としていますが、UTグループのPERは25.5倍少々割高な感じです。

 

UTグループ 株主優待

株主優待はありませんでした…。残念ですね。

 

UTグループ 配当推移

ここ4年は配当無しですね。成長に儲けを回してるのと、後述するのですが自社株買いを精力的におこなっているようです。

 

UTグループ ここ5年間の株価

2016年まではずっと500円あたりをうろちょろしてますが、2016年中頃から急激な上昇基調になっており、一直線で2,000円まで登ってきていますね。非常に順調と言えると思います。

 

UTグループ 売上高

絶好調で右肩上がりです。文句ありません。

 

UTグループ 営業利益

売上高と比例して営業利益も右肩上がりで文句ありません
営業利益はずっと5~6%ぐらいです。まだまだ成長中の企業なので、利益率を上げることに注力するよりかは、まずはどんどん規模を増やしていけばよいと思うので、まあこれはこれでいいかなと思います。下がったりしているわけではないので。

 

UTグループ 自己資本比率

一般に自己資本比率が70%以上なら理想企業、40%以上なら倒産しにくい企業と言われています。TKC経営指標のデータを見てみると、自己資本比率の平均は赤字企業で-4%、黒字企業で27%、優良企業(黒字企業中上位15%)で53%。自己資本比率は高いほどよいですが、まずは40%を目指したいところです。

UTグループの自己資本比率は約25%と低めです。ですがまだまだ成長中の企業であり、レバレッジを効かせているのと、キャッシュがあるので今のところ大きな問題は無いと思います。あまり危険な感じはしません。

 

UTグループ ROE

僕はROE7%以上を1つの基準にしています。

こちらも順調に上昇しており、直近はなんと41.9%!素晴らしい数値ですね。これは非常に魅力的です。

 

UTグループ EPS

【毎年の1株利益は順調に伸びているか】
こちらも非常に順調。素晴らしいです。

【1株配当は1株利益の中に収まっているか】
株主優待,株主配当は実施していないので、配当性向は本来は0%なのですが、
UTグループは総還元性向3割を目安に自社株買いを積極的に実施しています。

株主還元方針としては、配当金と資本効率の向上に資する自己株式取得を通じて、総還元性向30%以上を基準に、株価水準、事業環境等を総合的に判断して最適な株主還元を実施いたします。

なので自社株買分を今回のグラフでは配当性向として入力しました。

 

UTグループ 今後の株価予想をぶっちゃけると

値上がり益を狙う投資方針であれば非常に魅力的な銘柄だと思いました。

業績も右肩上がりに順調に増えており、このまま成長すれば更に株価が上がってくれるものと思われます。ROEの高さは非常に魅力的です。
M&Aも進めていくようなので、ここでしくじらなければ問題なくまだまだ成長してくれそうです。

このまま成長できれば現在の東証ジャスダックから東証一部に指定替えする可能性もあります。
そうなったら株価がさらに上がってくれそうですね。

僕のポリシーである「長期投資前提のインカムゲイン目的」からすると現時点は魅力が少ないですが、このままの成長だったら株主優待と配当金がでるようになるかもですね!ちょっとこれは全然まだわからないですけどね。

ネタとして買った銘柄ですが、さすがはベストバイ1位!素晴らしい分析結果となりました。
この銘柄はしばらく持ち続ける予定なので、継続的に値動きを報告したいと思います。

株式投資カテゴリの最新記事